チューリップ開花状況 2004

--- 原種系、早咲きチューリップからこのページを作成致しました。
      順次、開花に合わせて追加して参りますので、未完成ページどうぞお許し下さいませ ---☆
      桜の開花後、寒さがぶり返しチューリップの花も一時開花がストップしましので、今年は花を愉しめる時期が長まりました。
                                                                 更新日04/17

 

◆ ライラック・ワンダー ◆ マリエット ◆アイボリー ◆ アプリコット・ビューティー 

◆ 白花種, ◆ 黄色種花壇 (普通種・モンテカルロ・ムーンシャイン・マヤ) ◆ ロココ ◆ マリリン

(原)-原種系 (ユ)-ユリ咲き (普)-普通咲き (パ)-パロット咲き

原種系 ライラック・ワンダー

2004/03/10

2004/03/15

 


2004/03/15



2004/03/28

 ライラックと言うより、淡いピンクに青みが少し混じった愛らしい色合いでした。
原種系の葉は個性的な色と形が多く見られますが、こちらは照り葉が特徴でした。その他では、草丈が若干高く、花弁が丸く大きくて葉が隠れてしまいそうです。微かに香りがありました。


マリエット(ユ)    



03/20

03/24

03/28

03/30

 

 

04/03

 
   

 

 
 
ユリ咲き、今年初めて植えました。
実際の色はもう少し薄い綺麗なローズです。
これからどのように変化するか、愉しみ一杯(^^♪3月下旬
最初に咲いたものがローズの単色でしたが、結構、斑入りの花も咲き中々雰囲気が出てラッキーでした。04/06
丸い花壇に、ブルーパンジーとピンク系チューリップ3種を植えつけました。
先ずマリエットが咲き、次は桃色と白の混色Tが咲き、最後は八重T(混色)などが咲く予定です。04/08

名無しさん(普)  

03/23

03/24

03/28

03/30

   
 名前をうっかりしてしまいました。
アイボリーの優しい色合いはインチェルに似ていますが、今年は購入した覚えはないのです。。。?
名無しさんチューリップ判明しました!オランダのお土産として「ブルー・チューリップ」とあったものでしたが、咲いて吃驚!!
海外のものではよくある事ですね?でも、色がニュアンスのある素敵な色で・・・ヽ(^。^)ノ

アプリコット・ビューティー(普)   

03/23

03/24

03/28

03/30

04/03

04/06

    
 今年はこのアプリコット・ビュティーを知人から頂きました♪
何年連続で植えていることでしょう・・・。
寄せ植えにしましたが、ちょっと密植し過ぎて小さめになってしまったようです!(^^)!
気付かない内に、このチューリップばかり撮ってしまいます。それほど魅力的な花です。04/06

白花(普) 

03/23

03/24

03/28

03/30

04/03

 

 

04/06

 
03/24
03/24
  
 グミの木の下に、昨年同様100球ほど植えました。
ココは半日陰なので、明るくなる様にチューリップ以外にも白を多く植えています。3下旬
4月に入り、フリージャー(白)のつぼみ、後方にはムラサキ花菜が。。。4月上旬
忘れな草(ブルームッツ)が咲き、願っていた雰囲気となりました。04/09

黄色種花壇 

/普通種(中輪咲き)

03/28

03/30

04/03

04/09

/モンテカルロ(八)

03/30

 

04/03

 

04/09

 

 

04/09

 

華やかな八重咲き種。まだ、花の少ない時期に、これだけ人の目を惹きつける花もめずらしく、バラを連想しました。
一気に庭が元気になった様で、パワーをもらいました。本場オランダでも人気種と聞きました。
この花壇、沢山のブルーパンジーの株間に4種類のチューリップを植えました。
早咲き用に普通球のもの、中咲きにこのモンテカルロ、ムーンシャインを、遅咲き用は「マヤ」と計画しました。04/18

/ムーンシャイン

04/11

 

04/12

 

04/13

 

04/17

 

ひと事で言って、とても魅力的な品種でした。
咲いた時は盃を思わせる花ですが、閉じると(04/12)ユリ咲き種になると言う様々な姿を見せてくれました。
チューリップは咲き出しから、満開を迎えるまで花茎が伸び続けます。もちろん、ムーンシャインも同様に成長して行きました。然しながら、このチューリップは花茎がぐんぐんと伸び、最終的に65センチ以上にもなり、他のチューリップと混植しても、細長く伸びたこの花はリズムを打つ様に(04/13)雰囲気をひと味もふた味も変えてくれました。
又、黄色と言っても花弁の裏側がクリーム色で優しい印象を与えてくれます。(04/17)

04/12画像 背景のブルーの小花は「Nepeta mussinii」別名キャットミント。
04/13画像 手前の黄色の小花は「リムナンサス」別名エッグフラワー。

この四角い花壇の今春のカラーは、ブルーと黄色とし、チューリップが咲き終わる頃からは、ブルー、白(hesperis、ジャーマンアイリス)とピンク(バラ・フェアリー)と変化する予定です。
ムーンシャインだけ、場所を決めずに全体に散し、残るチューリップはまとめて配置。

 

/マヤ

04/17

 

  
 フリンジが愛らしいチューリップです。
花弁の先のギザギザのアップをご覧下さい。「マヤ」も「ムーンシャイン」に負けず劣らずの草丈です!

ロココ 

330

403

  
 
 
 

アレンジメント


アムステルダムのお土産で頂いた陶器の木靴に是非、活けてみたかった球根植物たち!
ヒヤシンス、ムスカリ、イエイエオン「ウィズリー・ブルー」、スノーフレーク。その他ラベンダー、アルテナンセラ(赤葉千日紅、 毎年、秋に挿し木にして越冬)

 

 

チューリップ物語

ザ・ガーデン

HOME