お夕食の一例  Vol. 1(秋)
    
  

お夕飯は和食中心のお献立になっています。
「ごちそう様♪」の一言が 何よりの歓びです♪

館山ならではの地の利を活かし、脂がのった地魚などを取り入れオーナーが作ります。
化学調味料を使わず、天然のお出しで時間と手間をかけご用意しています。また時折、自家菜園の野菜もお付けして、野菜本来の味をお愉しみ頂き、お客様に喜ばれています。新鮮さとボリュームは、ご満足頂けると自負しております。

   
     
 

「お刺身・もどりカツオ」

その日の朝、捕れた地魚のお刺し身をお出ししています。秋、産卵のため三陸沖から南下する戻りカツオは、脂が牛の霜降りのようにしっかりとのっているわりにお味はさっぱりとしています。近海ならではの「戻りかつお」是非、一度お召し上がり下さいませ。


     
 

「いも煮会風煮物」

山形県の郷土料理、いも煮会をアレンジしたお料理です。牛肉、里芋、コンニャク、ニンジン、シメジ、 オクラを出し汁の利いた煮汁で薄味にし、 軽くとろみをつけました。甘さ控えめでカロリーが少ない温野菜です。
これからの季節、からだの中から温まり、
女性にうれしいヘルシー料理です♪


     
 

「鶏肉のオランダ煮」

何故、オランダ煮と言うかは分りませんが、調理方法はゴボウを鶏肉で巻き、油で揚げます。そして、だし汁、醤油、みりん、砂糖で煮詰めていきます。
一度、油で揚げているので味がしっかりと付き、ご飯がすすみます。


     
 

「鮭の焼き漬け」

ほどよく脂がのった国内産の秋鮭を白焼きにし、醤油ベースの出し汁に ニ〜三日漬込みます。店主、出身地新潟の郷土料理です。 ※本来、出汁は使わず醤油、みりん、酒で作りますが私どもでは、だしを入れて薄味仕立てにしています。


     
 

「まぐろのぬた」

通常は、貝類、イカなどを用いますが、当店ではマグロを使用し、更に長イモを合わせてみました。色の鮮やかさもさることながら、「アッ!」と言うほどの思わぬお味をお楽しみ下さい。


     
 

「香の物」

自家製ぬか漬け
箸休めにどうぞ・・・。





     
 

「デザート」

芋ようかん
味覚の秋の王様「サツマイモ」
むかし懐かしい和菓子ですね?
手作りだからこそ味わえる素朴さです。
我が家では、仕上げに水飴を入れて味を調えています。


     
   
その他に お味噌汁をお付けしております。
     
   
夕食のページ Vol. 2 (初夏)へ
   
 
・・・注意・・・

お料理内容については、その日の天候、漁により多少の変更がありますので
予めご承知おき下さいませ。
  
 

-----------------------------------------------------------

 ページへ
 ページへ
 ページへ
■ ■ ■ Home ■ ■ ■