2008/12/03 撮影
 
  

千葉南房総の紅葉

小松寺


温暖な南房総では、紅葉の名所はそれほどありません。
ペンションから一番近い紅葉狩りは、千倉にある小松寺が有名です。
関東では遅く、十一月下旬から十二月中旬に楽しめ、草もみじになる頃には本格的な冬の到来となります。

ペンションから、車で約30分程度です。
 



 眼下に池を臨む

この日は、風もなく穏やかな天気に恵まれ平日にもかかわらず、
結構な見物客で駐車場を見つけるのも大変でした。

急勾配の遊歩道を歩くと、そこは原生林。
遠くに人の声は聞こえてきましたが、鳥のさえずりと足元に射し下ろす太陽の光り、そして私だけです。

人と自然が溶け合うような不思議で癒される時間がありました。

 



先ずは、遊歩道を登り始めました。

   



樹齢どの位なのでしょうか?

巨木の持つ力強さそして、もう直ぐ散りゆく葉の対照も良かったのですが私が「わぁー」と感動したこと、それは・・・。
まるで暖色系のレースのカーテンから
頭上に降りそそぐ光りの素晴らしさでした。 ヽ(^o^)丿

 


オレンジ色の木洩れ日が美しかった
   



鐘楼の瓦にイチョウの落ち葉

太陽を浴びて、きらきらと輝いていました。
福田 平八郎のあの「雨」を意識して・・・。

ちょっと違うかな〜 f^_^;

 


鐘楼を遠くから観ると
   



水面に浮かぶモミジ
そしてこのアジサイ、色がきれいに残っていました。

 


とても良いお顔でした
   


緋色が素晴らしい

どなたと待ち合わせ?

もう少し早ければ・・・

微笑んで・・・
    


やはり お花に目がいきます

古い歴史を感じて・・・
  
 
 詳しくは 公式サイトへ  小松寺
 
 
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ Home