Taki 君のアサリとり
 
 

2007/08

 

 

 

Taki 君は、小学4年生。
ペンション到着早々に、「カブトムシいますか? クワガタいますか?」と私に尋ねてくるような快活な坊やでした。そして間もなく、お母様と共にクワガタを捕まえてきたのには驚かされました!それから私達は、彼を密かに「クワガタ少年」と呼ぶようになりました。
二日目は、朝からご家族揃って大活躍の始まりでした。
ひと仕事目は、朝食後にかぶとむし捕獲用のえさづけを裏山で。
続いてペンション下ビーチへ泳ぎに行き、午後からはバス移動で海水浴場へと・・・!(^^)!
そんなTaki 君「ただいま〜」と帰って、得意げにアサリを見せてくれました。



数えてみると、24個も!

  
 

可愛い手に小さなアサリ。
泳いでいたら、近くで貝がとれると聞こえてきたそうです。
そこで彼は、石を使って探したとか。

「これ どうする?」と私が尋ねると
「食べちゃう!」と意外な答えが返ってきました。
こんな質問をしたら、答えに困らせてしまうのではと、聞いてしまってから思いましたが、利発なTaki 君きっぱりと、「食べちゃう!」でした〜。
早速、主人にお味噌汁にしてもらうことにしました。
夕食の食卓では、その日の楽しい出来事に花が咲いていました♪

そして、お帰りの日・・・。
私たちは彼とある約束をしました。
主人はその大切な約束を果たすために、始動開始!
来春、楽しみにしていて下さいね。

「また、来るね〜。絶対にまた来るからね〜」と言って手を振った彼が
今でも私の目に焼きついています。
愉しい館山での夏休みのひとコマが
Sちゃん、Taki 君ご兄妹にとって、想い出の1ページになってくれることを
願っております。

  追記: この貝をアサリとしましたが、正式名は ナミノコガイ だそうです。